掲載物件1,000件以上。土日も営業!!

おかげさまで創業38周年

競売のデメリットと任意売却のススメ

そのまま競売にかけられてしまっては大損です!

任意売却を知り、自己負担額を減らして
次に繋げましょう。

住宅を処分して、残債務を一括返済する方法の一つに競売があります。競売には、任意売却に対し多くのデメリットがあります。ここでは、その競売のデメリットと、任意売却とする利点をご紹介します。住宅ローンの返済に困ったら、競売になる前に任意売却で解決!ご相談・ご依頼は無料です

お問い合わせはこちらから

任意売却をご存知ですか?

競売になってしまうその前に!任意売却で有利に不動産を売売却。

任意売却とは、債務者(借主/貴方)と各金融機関(債権者)との双方合意のもと、競売入札が開始される前に債務を整理して、競売の対象となる不動産を任意に売却することです。

実はこんなにある、任意売却のメリット

メリット①

通常売却時にかかる以下の支払いも、債権者より支払われますので、お客様のご負担は基本的に殆どございません。詳しくはお問い合わせ下さい。

抵当権抹消費用→債権者が司法書士へ支払う 不動産業者への仲介手数料→債権者が不動産業者へ払う

メリット②

任意売却は、競売と違い、市場価格に近い値段で売却が出来る為に、競売より借入金を多く返済できます。

メリット③

一般の売却と同じ販売活動を行うので、近隣に事情を知られない。 周りに多重債務・競売等を知られずに内密に売却できる。

メリット④

話し合いにより、引越し費用、その他手当てを受け取ることも可能。

競売のデメリット

住宅を処分して、残債務を一括返済する方法の一つに競売があります。 競売には、任意売却に対し次のようなデメリットがあります。

任意売却より、一般的には価格が低い

競売は、一般的には任意売却よりも安い価格で売却されます。したがって、その分だけ返済できる額が少なく、残る債務が増えることになります。

引越し代がでるかどうかがわからない

競売の場合、住んでいる人の引越し代については、落札者の意思次第です。引越し代が出ないケースも十分考えられます。

その他の不安要素が多い

裁判所からの執行官が来て室内の写真を撮られたり、入札期間一ヶ月前にインターネットや新聞に掲載されたり、誰が落札するのか、いつ退去すればいいのかわからなかったりといった、様々な不安要素があります。

お問い合わせフォーム

ご不明な点、ご相談、お気軽にメール、またはお電話でお問い合わせください。直接お店までお越しいただいても結構です。

お気軽にお問い合わせください。 Tel.0178-45-1212 E-Mail:info@8463.co.jp

【平日】10:00~18:00
【土日】10:00~17:00
【定休日】水曜・祝日

毎年、2月~3月は休まず営業しております。
日曜が祝日の場合、日曜営業、翌日休みとなります。

お名前*
ご住所
電話番号*
メールアドレス*
お問合せ内容*
希望連絡方法*   

ご来店・内覧予約